英会話カテゴリー

全人類の女性からモテる英会話とは?

英語は、イギリスを中心に広く話されている、世界でもっとも広く使用される言語のひとつです。英語は、世界中の多くの国で公用語として使用されていたり、多くの人々によって第二言語としてグローバルに使用されています。

英語を学ぶことで、異文化理解を深めたり、グローバルな視野を持つことができたりコミュニケーションをとることができます。

世界人口に占める女性の割合は3,864,825,000人(2020年7月)で全人類の女性を虜にするために英会話ができればモテること間違いなし。

かっこいいモテる男の要素の一つに「英会話」があります。

本記事で全人類の女性からモテる英会話を解説します。

英会話ができる男性は本当にモテるのか?

英会話は英語ができるだけでなく「会話」ができる、コミュニケーション能力が高いことを指します。

「英会話=ええ会話」※(西日本方言、東北方言)よい の意味。

良い会話をどれだけ行うかがポイントです。英語が話せるだけではモテるわけではありません。これは日本語でも同じですね。

しかし、英語を話すことができると女性が魅力を感じ好印象を持ってもらう事ができます。

W.マイナビウーマンが実施したアンケートによると、88.6%の女性が英語を話せる男性に魅力を感じると回答しました。
引用:https://woman.mynavi.jp/article/150930-54/

そして、英語が話せる=仕事ができる、海外でリードしてくれる、交友関係が広く知性があると女性から思ってもらうことができます。

まず、英語が話せる人、出来る人とはどんな人なのか見ていきましょう。

英語ができる人の5つの特徴とは?

英語ができる人は、当然ながら英語を聞き、話し、読み、書くことができる人です。

1.発音が正確で流暢

英語ができる人は、正確な発音で流暢に話すことができます。また、アクセントがわかりやすく、聞き取りやすいことも特徴の一つです。

2.語彙力が豊富

英語ができる人は、豊富な語彙力を持っています。様々な表現や単語を知っており、正確な表現で自分の意見や思考を表現することができます。

3.文法が正確

英語ができる人は、文法を正確に使い、論理的な文章を作ることができます。誤った文法や語順を使用することがなく、相手に伝わりやすい文章を作ることができます。

4.リスニング力が高い

英語ができる人は、リスニング力が高く、英語を聞き取ることができます。また、様々なアクセントやスピードで話される英語にも慣れており、聞き取りやすいことが特徴です。

5.コミュニケーション能力が高い

英語ができる人は、相手とコミュニケーションを取ることができます。相手の意見や感情に敏感であり、適切な返答をすることができます。また、相手の話を聞くこともでき、相手と良好な関係を築くことができます。

以上が、英語ができる人の特徴です。

英語を身に付けるには、継続的な学習と実践が必要です。多くの英語を聞き、話し、読み、書くことで、英語をより自然に使いこなすことができます。

では次にモテる英会話で注意するポイントを見ていきます。

モテる英会話の注意ポイント5選

1.聞き上手であること

相手が話していることに注意深く耳を傾け、質問やフィードバックを適切に行うことが大切です。相手に対して興味を持ち、共感や理解を示すことで、相手との会話がスムーズに進み、良い印象を与えることができます。

2.自然な英語を話すこと

堅苦しい表現や文法的に正しい表現を使いすぎると、相手との距離を感じさせてしまうことがあります。自然な英語を使い、相手とリラックスした雰囲気を作ることが大切です。

3.ジェスチャーや表情を活用すること

ジェスチャーや表情を使うことで、相手に伝えたいことをより分かりやすく伝えることができます。また、相手に対して興味を持っている態度を示すことで、相手に好印象を与えることができます。

4.トピックに合った会話をすること

相手が興味を持ちそうなトピックを選び、それについて自分の意見や経験を交えながら会話を進めることが大切です。また、相手に対して質問を投げかけることで、相手の興味や考えを引き出し、会話を盛り上げることができます。

5.ユーモアを交えた会話をすること

ユーモアを交えた会話は、相手との距離を縮めることができ、相手に良い印象を与えることができます。しかし、冗談を言いすぎると相手に不快な思いをさせることがあるため、相手との関係を考慮しながらユーモアを交えた会話をすることが大切です。

以上が、英会話でモテるためのポイントです。相手に対して興味を持ち、自然な英語で会話を進めることが大切です。

また、ジェスチャーや表情を活用し、相手との会話を楽しむことができるよう心がけましょう。

しかし、なぜ日本人は英語を身につければモテる可能性が高くなるにもかかわらず、英語が話せない人が多いのでしょうか?話せるようになるにはどうすればよいのでしょうか?

気になる2点を見ていきましょう。

日本人が英語を出来ない理由と英語を話せるようになる方法

日本人が英語を話せない理由は実にたくさんあります。

中学校と高校で習う英語だけで日常会話はできるようになると言われていますが、下記の理由が上げられます。一部ではありますがご紹介したいと思います。

日本人が英語を話せない理由

以下に日本人が英語を話せない理由を7つほどご紹介します。

圧倒的に英語を話す機会が少ないこと

日本では、英語を話す機会が日常的にないため、英語を話す環境に慣れていない人が多くいます。また、英語を話せる環境に身を置いていても、自分から英語を話すことができない人が多い。

文化的背景の違い

英語は、文化的な背景によって使い方や表現が異なることがあります。日本人は英語を学習する際、自分の文化的背景から考えてしまうことがあるため、英語を自然な形で話すことができない場合があります。

英語の発音が難しいこと

英語の発音は、日本語とは異なる音が多く含まれるため、発音が難しいと感じる人が多いです。また、英語の発音を正確にするためには、正しいリズムやアクセントを身につける必要があります。

文法や語彙の違いから混乱してしまう

英語の文法や語彙は、日本語とは異なるため、学習に時間を要することがあります。また、英語の表現は日本語と異なる場合があるため、正確な表現を理解するためには、豊富な英語の知識が必要です。

自信の欠如

英語が苦手な人は、自信を持って英語を話すことができない場合があります。自信がないと、英語を話すことができないため、英語を上達させるためには、自信を持って積極的に英語を話すことが重要です。

英語の勉強がテストで良い点を取る目的になっている

中学校と高校で本格的に英語を勉強し始めますが、実はこの6年間で学ぶ英語だけで日常会話ができるようになる内容です。ですがこの学校で習う英語だけで話せるようになる人は皆無でしょう。テストで良い点を取るのと、英語で会話ができるようになるのは、全く別の目的です。

完璧を求める

完璧を求めるのは悪いことではありませんが、英会話に関してはそうではありません。
「Hey,how are you doing?」
と聞かれた際、完璧な答えを求めると、「えーっと、how are youだからこの場合どうやって答えればいいんだっけ?」となってしまい、言葉が出てこなくなります。

以上が、日本人が英語をできない理由のほんの一部です。

日本人が英語を話せるようになる方法

英語を話せるようになるためにはまず「英語を話す環境に身を置く」ことが大切です。

英語を話す機会を増やすことで、英語を話す自信がつきます。英会話スクールや英語のサークルに参加することで、英語を話す機会を増やすことができます。また、英語を話せる友人や知人、外国人の友達を作ることもとても有効です。

「間違う事=恥ずかしい」を捨てることも重要です。ミスを恐れず英会話(ええ会話)を楽しみながら英語に触れましょう。

英語を話せるようになるためには、継続的に学習することが必要となりますが「目的を持って話せるようになりたい」気持ちが最も重要です。

例えば、外国人の女性と付き合いたいと目標を立て、その女性を落とすためにはどんな言葉をかければよいか?

好きな映画の聞き方、デートの誘い方、好きな気持ちを伝える言葉など、英会話を学ぶことで着実に英語のスキルを向上させることができます。

まとめ

日本人が英語を上達させるためには、英語を話す機会を増やし、正しいリズムやアクセントを身につけることが大切です。また、英語の学習に自信を持ち、継続的に努力することが重要です。

全人類の女性からモテる英会話のヒントはコチラに↓

英語はあなたのモテライフを広げるきっかけになります、自信を持って英会話を楽しんでください。

それでは。

無料プレゼント今月のスケジュールメンバーシップ
Bachelor Academy

Bachelor Academy

モテる男になるための男性向けモテメディア。プロ監修の元、14カテゴリーのモテ知識を発信中。

この記事は役に立ちましたか?

参考になりましたら、下のボタンで教えてください。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録